お知らせ

本文へ移動
JunSoftトップへ移動
   

全文を無断引用した会社に警告しました

2004年9月13日JunSoftは、当サイト内のコンテンツを無断で全文引用し公開していた東京都千代田区内のコンサルティング会社(以下A社)に対して警告を行い、9/17までに質問に対する回答をするよう求めました。

A社サイト内では、引用である旨を明記せずにあたかもA社が作成した文書にみえる形で、JunSoft内の4コンテンツを全文掲載していました。この中には、JunSoftに投稿してくださった方の文章も含まれていました。JunSoftは投稿してくださった方から著作権を委譲されておらず、単に公衆送信権をお借りしている立場である以上、A社に対して断固たる姿勢を取らざるを得ません。JunSoftは以下の対応を取りました。

著作権法は、複製や引用について以下のように規定しています。

著作権法 第30条:
著作権の目的となっている著作物は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
著作権法 第32条 第1項:
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

JunSoft内の文章は、多くのサイトで引用していただいております。事前相談のない引用も含め、公正な慣行(ネットマナー)にのっとった引用に関しては、私的複製の一部と考えています。しかし、今回のケースは以下の点において著作権者の公衆送信権を侵害し、“引用”ではなく“盗用”であると判断しました。

現在当該コンテンツは削除されていますが、A社からの回答は届いていません。JunSoftは、引き続きA社に対して説明を求めます。

2004年9月14日 JunSoft
お問い合わせ
 
JunSoftからのお知らせ一覧