プチグルメ

本文へ移動
JunSoftトップへ移動

ぴょんぴょん舎(盛岡駅前店)

画像:麺が高くもりつけられた「ビビン冷麺」。赤黒いタレが辛そうです。 画像:店内の様子。一見オシャレなカフェに見えますが、実は焼肉屋さんです。

シモさんからの投稿です。シモさんが注文したのを一口貰いましたが、スープなしの冷麺ってのは初めての体験でした。

~~~ 以下、シモさんからの投稿です。 ~~~

初投稿となります、シモでございます。今回紹介するのは盛岡冷麺で地元では人気のお店ぴょんぴょん舎のビビン冷麺です。

先日管理人Junさんの帰省の際「冷麺が食いてぇ」という要望に答え、盛岡駅前のこの店に行ってみました。本当は本店(駅から車で15分位?)のほうが良かったかもしれないのだがこの帰省シーズンはやたら混むらしいのと地理的な関係で駅前店を選択、こっちは時間が半端だったせいもあるのか、あまり混んでおらずちょっと拍子抜け。

お店に入り早速Junさんは冷麺を注文する中、我輩は地元民なのでちょいと違うものを頼もうと思い、本題の「ビビン冷麺」を選択。メニューの写真で見るからに辛そうな色をしていたが辛いもの好きなので構わず注文。

15分ほど待っておると、お店のお姉さんが「ビビン冷麺」をもって登場。テーブルに置くなり、「麺が長くなっておりますのでお切りしますか?」と聞いてくるので素直に「はい」とお返事。お姉さんがおもむろにハサミを取り出し2、3回チョキチョキと麺を切断。去っていくお姉さん。なんかハサミで切るなんて韓国冷麺風なのね。と思いつつ、どうせなら「自分で切りたいです」とか言えば良かったかと思い後悔。

とりあえず眺めてみた。麺は通常の盛岡冷麺より細い印象。スープというものは無く辛そうなタレが器に沈んでおり、麺のトップには肉、卵と重ねられきれいに乗っている。崩すのがもったいない気もしたが、ともかく箸をつけてみることに。適当な感じにタレに麺を絡ませほぐしたあと一口。ん?甘辛いとお店の人が頼むとき言ってたけど、思ったより甘いのね。麺はというと、盛岡冷麺とはやはり違ってコシの強い春雨といったところか。そうしているうちに辛さが口の中にファーっと襲ってきて、甘さに油断してたので余計に辛く感じた。そうは言っても辛いもの好きな我輩、慣れてくるとその辛さが心地よくなってくる。そんなわけであっさり完食。個人的には甘みがちょっと多い気がするがなかなかおいしく頂けました。辛いもの好きで、盛岡冷麺の麺はちょっと。というかたはぜひお試しを。また関東の方は銀座にもお店があるので行って見てはいかがかと。(ビビン冷麺があるか不明だが。)


当ページ内の評価は、個人的な主観によるもので絶対的な評価ではありません。定休日・営業時間・価格などの各種データは掲載時のもので、正確性について保障いたしかねます。特に価格は、2004年4月の消費税総額表示義務化に伴い、変更されている可能性があります。クーポン情報 は、(株)リクルートが提供するホットペッパーWebサービスのデータを元に作成されています。Powered by ホットペッパー.jp
店舗情報(掲載時のデータです)
最寄り駅:盛岡
営業時間:11:00~24:00(L.O.23:00)
定休日: 大晦日
場所:
お出かけ情報 - 盛岡の天気
月曜日
晴のち曇
火曜日
曇時々晴
水曜日
曇時々雪
当サイト外へのリンク
別のお店を探す