プチグルメ

本文へ移動
JunSoftトップへ移動

陳麻婆豆腐

画像:赤黒い麻婆豆腐の奥に、ライス・スープ・ザーサイが写っています。 画像:中華風を演出した店の外観ですが、自動券売機が目立ってしまい興ざめです。

麻婆豆腐は、19世紀中ごろ四川省成都で陳さんというの奥さんが作ったのが最初で、その人があばた顔であったことから、陳・麻(あばた)・婆(妻)・豆腐 → 陳麻婆豆腐 → 麻婆豆腐と名付けられたものと言われています。なお、“陳建一麻婆豆腐店”ってお店(こちらも私は結構好きです)がありますが、別の店ですのでご注意を。

日本でよく見る麻婆豆腐は蛍光っぽい赤色ですが、ここのはマグマを彷彿させるような赤黒さ。一口食して、「うっほー辛い!」。ただ辛いだけではなく「辛ウマッ!」,「コク辛ッ!」って感じで、おかわり自由のご飯が進みます。ネギではなく葉ニンニクを使っているのが違いの1つでしょうか?

辣(唐辛子の辛さ)が効いているものの麻(山椒の痺れ)が足りない気もしますが、卓上に置かれた山椒のミルを挽くことで補うことができます。辛さの調整もこれで自由自在ですが、もともとが辛いので麻を楽しむためにはある程度の覚悟が必要です。インターネットで調べたところによると、ここの味は本場四川の味と辛さにかなり近いそうで、辣・麻・タン・梱・酥・香・嫩が1つになった完成形を見ることができます。

お台場で独身男が1人で汗を垂れ流し「ムホッ、ムホッ、旨っ!」って麻婆をむさぼる姿は、知人にはお見せできません。帰りのエレベータ内の鏡で、酒に酔ったように目の周りを赤くしている姿を見て、軽くヘコみました。

定食としては高めの1,280円ですが、今まで食べた中で一番美味しい麻婆豆腐だったので、★★★★★(最高♪)としました。ここの辛さに反して、ちょっと甘めかな?


当ページ内の評価は、個人的な主観によるもので絶対的な評価ではありません。定休日・営業時間・価格などの各種データは掲載時のもので、正確性について保障いたしかねます。特に価格は、2004年4月の消費税総額表示義務化に伴い、変更されている可能性があります。クーポン情報 は、(株)リクルートが提供するホットペッパーWebサービスのデータを元に作成されています。Powered by ホットペッパー.jp
店舗情報(掲載時のデータです)
最寄り駅:お台場海浜公園東京テレポート
営業時間:11:00~22:30
定休日: 無休
場所:
お出かけ情報
木曜日
晴のち曇
金曜日
晴時々曇
土曜日
曇り
当サイト外へのリンク
別のお店を探す